会員の方はこちらをクリック

はじめに

 この法人は、多くの人々が抱えている自分自身の問題、家族の問題、広くは社会に関わる諸問題、また、人知の及ばない出来事が起こる現代社会などを通し、「なぜ生まれてきたのか、そして、どのように今生きていけばいいのか」について共に考え、一人ひとりが自分を見つめ、自分に問いかけ、そして、自分の中からその答えを引き出していくことにより、人間が本来持っている本当の優しさ・温もりに気付き、その一人ひとりの思いが、明るい未来、明るい社会を作り出していくことを目標とする支援や活動を行い、もって社会教育の推進並びに福祉の増進を図るとともに、多くの人々が、充実した人生を生きることに寄与することを目的とする。

UTAの輪の中でともに学ぼう    ともに次元を超えていこう

今、あなたに
伝えたいメッセージ
母親の存在を..
なぜこの学び..

 人生は一度切り、人間、死ねば終わりという思いは、人間の心の中に根深くある思いです。
 だからこそ、今を大切に、命を大切にということでしょう。
 そして、大切な今という時を奪うもの、大切な命を奪うもの、それは、自分達の敵でしかありません。
 敵とは戦って、勝利しなければなりません。
 戦いのエネルギーを出し続けていきます。
 これが、今までの私達のやってきたことです。
 正義を旗印に、戦いのエネルギーを流してきました。
 愛を求めて戦い続けてきましたし、平和を願いながら、戦いのエネルギーを流してきたという矛盾の中にもあったのです。
 そのような私達のあり方に、完全にノーの判定が下ります。
 それが、これからの時間だと、私は感じています。

 >>続きを読む

 「私はこんなところに生まれてきたくなかった。」
 「なぜ私を産んだのか。」
 「なぜ私の母親は、あのような母親なのか。」
 と、不足、不満の思いはみんな、目の前にいる母親を目掛けて攻撃していきます。
 厳しい環境であればあるほど、攻撃の勢いは強いものです。
 また、そうでなくて、例えば、人も(うらや)むような恵まれた環境であっても、どこかに不足、不満を探し出しては、その思いを母親にぶつけていくのです。
 そのようにして、どなたも、自分の目の前にいる母親に対して、自分の思いがストレートに飛び出ることを体験していきます。
 「なぜ、母親には、自分の思いがストレートに出るのだろうか。」
 不思議に思いませんか。

 >>続きを読む

 誰かの紹介で、UTAブックの本を読んで、いずれにしても、何を目指して仲間入りしてきましたか。

 この学びをやってみようと思われている方は、学びの動機の確認をしてください。

 なぜ自分は学ぼうとしているのか、どういう理由から学ぼうとしているのか、いわゆる学びの動機はどこにあるのか、自分の中で精査していくことが絶対に必要です。

 >>続きを読む

これから学ばれる方へ


MENU
PAGE TOP