お知らせ

過去のお知らせ>>

はじめに

 この法人は、多くの人々が抱えている自分自身の問題、家族の問題、広くは社会に関わる諸問題、また、人知の及ばない出来事が起こる現代社会などを通し、「なぜ生まれてきたのか、そして、どのように今生きていけばいいのか」について共に考え、一人ひとりが自分を見つめ、自分に問いかけ、そして、自分の中からその答えを引き出していくことにより、人間が本来持っている本当の優しさ・温もりに気付き、その一人ひとりの思いが、明るい未来、明るい社会を作り出していくことを目標とする支援や活動を行い、もって社会教育の推進並びに福祉の増進を図るとともに、多くの人々が、充実した人生を生きることに寄与することを目的とする。

UTAの輪の中でともに学ぼう    ともに次元を超えていこう

今、あなたに
伝えたいメッセージ
母親の存在を..
なぜこの学び..

 人は、みんな、何かを求めて生きています。
 自分を打ち込めるもの、自分を託すことができるもの、自分を賭けることができるもの、自分を必要としてくれるもの、そういうものを知りたいとか、そういうものに出会いたいとか、その願望があるのではないでしょうか。それが具体的に何かは、今一つ分からずに、ずっと模索もさく中の人も多いと思います。
 それでは、何もかも忘れて、没頭ぼっとうできるもの、集中できるものに出会っている人達は、幸せだと思いますか。夢を追い求めていると語っている人達は、どうでしょうか。本当にその人達の人生、キラキラと輝いているのでしょうか。
 また、家族のため、会社のため、社会のため、我が国のため、世界人類のためをスローガンに、自分の人生を描いていく人達もいます。ため、ため、ためと言って力を尽くすことが、本当に立派なことなのでしょうか。

 >>続きを読む

 「私はこんなところに生まれてきたくなかった。」
 「なぜ私を産んだのか。」
 「なぜ私の母親は、あのような母親なのか。」
 と、不足、不満の思いはみんな、目の前にいる母親を目掛けて攻撃していきます。
 厳しい環境であればあるほど、攻撃の勢いは強いものです。
 また、そうでなくて、例えば、人も(うらや)むような恵まれた環境であっても、どこかに不足、不満を探し出しては、その思いを母親にぶつけていくのです。
 そのようにして、どなたも、自分の目の前にいる母親に対して、自分の思いがストレートに飛び出ることを体験していきます。
 「なぜ、母親には、自分の思いがストレートに出るのだろうか。」
 不思議に思いませんか。

 >>続きを読む

 誰かの紹介で、UTAブックの本を読んで、いずれにしても、何を目指して仲間入りしてきましたか。

 この学びをやってみようと思われている方は、学びの動機の確認をしてください。

 なぜ自分は学ぼうとしているのか、どういう理由から学ぼうとしているのか、いわゆる学びの動機はどこにあるのか、自分の中で精査していくことが絶対に必要です。

 >>続きを読む

これから学ばれる方へ


2024年 4月
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
4月志摩セミナー
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4

定休日